クレジットカード,登場
★クレジットカードの登場
最近では、一枚でもクレジットカードを所持している人がほとんどでしょう。
さらにそのうちのほとんどがクレジットカードを使用して何らかの商品を購入した経験をお持ちでしょう。
しかし、このような便利なクレジットカードの歴史は浅く、およそ60年前に生まれた物なのです。
それにも関わらず、短期間に世界中に浸透した理由として挙げられる点は、他の支払方法と比較して非常に便利で優れていたからだと考えられます。

1950年、アメリカでクレジットカードは誕生しました。
とある実業家が、レストランで食事後に会計をしようとしたところ、財布を持っていないことに気付きました。
こんな場合に利用されるのは、日本で言うところの「ツケ」だと思います。
ツケはお店側がお客を信用し、支払いは後日でいいと認めるやり方です。
その実業家は、もちろんツケにして欲しいと申し出ました。
レストラン側はこれを承諾し、無事に事なきを得ました。
そこで実業家が思いついたのが、このやりとりのシステム化です。
これが次第に普及していったのが、クレジットカードの始まりなのです。

この一連の話は作り話であるとする説もあります。
しかし、クレジットカードとは、利用者を信頼したカード会社が一時的に代金を立て替えるシステムであり、現金を持ち歩かなくて済むという観点からすると、この話もクレジットカードの発祥と言ってもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー