クレジットカード,日本上陸
★クレジットカードの日本上陸
クレジットカードがアメリカで生まれてから、まだ60年程しか経過しておらず歴史は浅いのですが、では、日本ではどうなのでしょうか?
日本にクレジットカードが輸入されたのは、アメリカでのクレジットカード誕生後10年という割合早い時期でした。
その後は驚異的なスピードでクレジットカードが普及していきます。

日本で丸井が最初にクレジットカードを導入しました。
丸井は1960年にクレジットカードの発行を開始し、日本クレジットビューローがその翌年に、更に2年後の1963年に日本ダイナースクラブが誕生しました。
こうして各会社が挙ってカードの発行を行うようになりました。
この一連の流れが、日本におけるクレジットカードの始まりだと言えるでしょう。

その当時のカードと言えば、今で言うところの手帳や通帳の様な形体だったそうです。
現代では考えられないことではありますが、当時としては相当斬新で便利な物であったと思われます。

1966年には、日本信販がクレジットカードの発行を開始し、それ以降、多くのクレジットカード会社が産声をあげていく事になるのです。
また、この頃からクレジットカードの発行数がどんどん増えていくことになります。

1967〜1972年の間には、D.Cカードやミリオンカード、ユニオンカードや住友クレジットサービスといった会社が続々と生まれました。
その後、VISAと住友クレジットサービスが提携し国際カードの発行をスタートし、一気に国際カードが普及していきます。

それ以降はクレジットカードの爆発的な普及が広がりが見られ、現在に至る訳です。
また、海外ブランドなどとの提携が盛んになると同時に、アメリカのカード会社の日本市場への参入が進むことになりました。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー