クレジットカード,広まり
★クレジットカードの広まり
非常に歴史の浅いクレジットカードですが、その普及率はというと爆発的な伸びを見せています。
世界各国のみならず日本国内でも、大量のカードが発行されています。
比較的保守的な民族である日本人の間でも驚くべきスピードでクレジットカードが広まった事は、他の輸入品や外来品にも例を見ない事例だと言えます。

特に、このところ10年でのクレジットカードの普及率には驚かされるばかりです。
テレビや雑誌等のマスコミ関係では、クレジットカードの悪いイメージだ
けを強調しがちですが、これは驚異的なカードの普及スピードとカードを所持する人が増加し続けている事に起因するのでしょう。

今から13年前の1996年、日本国内では2.3億枚のクレジットカードが発行されていました。
この数字は日本の人口の2倍近いものですから驚きです。
それから12年後の2008年には3億枚に到達したとの事です。
10年強という短期間の間に、7000万枚もの新しいカードが発行されたという訳です。

この値が普及のピーク時のものであれば分かりますが、実際1996年にはもう既にカードの普及の拡大が進んでいる時期ですから驚きです。
このように、カードの普及が進みつつある中ですら年間平均500万枚もの新たなカードが発行されるという事は、いかにカードが国民の間で重宝する物であるかが窺えますね。

目まぐるしい推移を見せる現代社会の中で、クレジットカードの普及が拡大し続ける事は、社会の簡素化・簡易化が進行している証拠と言えるでしょう。
正に、クレジットカードは現代社会の象徴なのです。
時代の流れに上手く乗り、拡大を続けるのがクレジットカードなのです。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー