クレジット,産業,市場規模,クレジットカード
★クレジット産業の市場規模
世界各国だけでなく日本においても、クレジットカードの市場規模は拡大をし続けており、支払方法の主流としての地位が揺るぎないものとなりつつあります。
クレジットカードの普及スピードは驚異的で、ほんの数年前と比較しても比にならない程、カード利用率が増加しています。
この事から、現代社会のニーズとクレジットカードの需要との関係が上手く合っているという現状が見えてきます。

2008年には、日本国内におけるクレジットカードの発行枚数が3億枚に到達したとの事です。
この数字は、国民一人当たり2〜3枚のカードを持っている計算になります。
本当に驚きの数字ですよね。
クレジット産業の市場規模はローン:34兆円、信用販売:40兆円の合計74兆円という金額になります。

では、どのような支払方法が利用されているのかを見ていきましょう。
最も多く利用されているのが1回払いで、23兆円だそうです。
信用販売分の半数以上を占めていることになります。
買い物時の信用販売は大抵が1回払いなので、これは容易に理解できると思います。
一方、2兆円が月賦払いとなっているそうです。

クレジットカードでのキャッシングは8兆円もあり、キャッシング枠の利用者は相当多いといえます。
月末に返済するために不足する分を借りるケースが多いようです。

ネットの普及に伴い、クレジットカード市場の規模もますます拡大傾向にあります。
ネットショッピングや通信販売の決済方法としては、クレジットカードの利用が非常に便利なため、利用率が増加しています。
今後もクレジットカードの利用率は、更なる拡大を見せることでしょう。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー