クレジットカード,審査基準
★クレジットカードの審査基準
クレジットカードは基本的に代金をカード会社が立替をして後払いをします。
ですから、誰でもカードを作ることはできません。
カードを作りたいと思ったら、申込書の多くの入力項目に記入する必要がありますし、入会を断られることも当然考えなくてはいけません。
ここでは、入会に必要な審査についてご紹介していきましょう。
入会審査は各カード会社によって独自の基準がありますので、確かに審査をパスしやすかったり、しにくいことはあります。
あくまでも、ご紹介するのは一般的な基準だと思って下さい。

カード会社があなたに信用があるのかどうかを判断する材料は3つ。

@資力
最も重視されるポイントです。一定の収入があって返済できる能力があるのかをみます。

A資産
不動産や車などの担保があるのかどうか。

B性格
決められている返済日にしっかりと返済できるのかどうか。

次は「点数付け」です。
申し込み時に記入する情報から年齢・他社での借り入れや返済の状況・勤続年数などの項目別に点をつけていきます。

審査項目は多数あるのですが、審査を全ての方がパスできるわけではありません。
審査をパスできない原因にはどういったことが考えられるのでしょう。

@雑な記入
未記入の欄が多かったり、いい加減な記入(誤字脱字・電話番号記入間違い)が多い。
先ほどの「性格」の部分に当てはまります。
記入の際は、正確に丁寧に記入するようにしましょう。

A点数付け
年収・勤続年数・住居年数が重要視されるのですが、それぞれに最低ラインを設けてあり一つでも最低ラインを通過できないと厳しいかもしれません。

B多重債務・支払延滞や遅延
審査の判断材料として、個人情報から信用情報と照合します。
他社からの借金・過去に支払の延滞や遅延等があった時は、審査を通過するのは難しいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー