暗証番号,クレジットカード
★暗証番号について
クレジットカードにおいて暗証番号は、任意の数字を登録できます。
しかし、気をつけなければならないのは、クレジットカードの暗証番号には、自分にとって身近な数字を登録してはいけないことです。
暗証番号を忘れることを恐れて、身近な番号を登録しがちですが、万一、クレジットカードを紛失したり盗難にあったりした場合に、クレジットカードの暗証番号がすぐに推測されてしまい、不正利用されてしまう可能性が出てきて危険です。

クレジットカードの暗証番号に登録してはいけないのは、車のナンバー、家の住所の番地、夫や妻の誕生日、家の電話番号の下4けた、誕生日などです。
言うまでもなく、他人に簡単に推測されてしまう危険性があるからです。

クレジットカードの暗証番号を登録する際に、ついつい自分の誕生日にしがちですが、これは大きなリスクを負うこととなります。
クレジットカード会社により、その様なリスクの高い数字を登録しようとすると、他の番号にするようにというアドバイスしたり、登録自体できない場合もあります。
その様な事態を避けるためにも、クレジットカードの暗証番号を決める時には、他人には推測されない、一見まったく関係のわからない数字に決めるようにしましょう。

しかしながら忘れないようにと、財布にメモを入れておくなどというのは危険なので絶対にしてはいけません。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー