銀行系,クレジットカード
★銀行系クレジットカード
最近は、銀行名の入ったクレジットカードを見かけることが多くなりました。
クレジット機能がキャッシュカードに付いているもの、銀行のグループ会社が発行するものがあります。
銀行グループ内で、複数のクレジットカードを発行している銀行は「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」になります。
三井住友銀行の三井住友VISAカードや三菱東京UFJ銀行のDCカードが有名です。

これらは、銀行が直接発行しているわけではありません。
発行しているのは、グループ会社です。
どうして銀行ではなく、グループ会社が発行してるのかと言うとそれは銀行法によって1982年まで「銀行で扱える商品・業務」の範囲が定められていたことが影響しています。
銀行は、そのため直接クレジットカードを発行することができず、クレジットカード業界に参入するためにグループ会社を経由するようになったのです。
現在では、法律も改正され銀行が直接クレジットカードを発行することができるようになりました。
ただ、今でも業務の効率化を考えたグループ会社がそのまま引き続いてクレジットカードを発行している会社はたくさんあります。
直接銀行がクレジットカードを発行しているのは、地方銀行が多いようですね。
ちょっと話はそれますが、投資信託も最近は銀行の窓口で扱っていますが、以前は上記の法律によって投資信託も禁止されていたのです。

クレジット業界も銀行と同じように、最近は吸収合併や再編が行われています。
日本信販は信販系として最大でしたが、今では三菱東京UFJ銀行の系列になっています。
最近は、クレジットカードの境界線もなくなってきており、以前までの信販系・銀行系という区別がなくなってきました。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー