クレジットカード,審査基準
★クレジットカードの審査基準@
クレジットカードの入会審査についてご説明しましょう。

■年齢
クレジットカードの申し込みができるのは基本的には高校生を除いた18歳からです。
ただし、18歳以上でも未成年は親の同意が必要なケースもあるようです。
同意と言っても保証人と言った感じではありませんので、親が書類を書くことはありません。
消費者金融等が発行しているカードは、20歳以上でないと原則資格を得ることはできません。
何故なら、「未成年者が法定代理人の同意なしに行った法律行為は取消すことができる」(民法4条)に基づいているからです。
これは、貸したけれど返済ができないという貸し倒れのリスクを低減する狙いがあるのだと思います。
あまりクレジットカードを作るのに年齢の上限を、あまり耳にすることはないかと思いますがだいたいの会社は65〜70歳なのだそうです。

■勤続年数
入会申請をする時の書類の項目に「勤続年数」を記入する欄があります。
ほとんどの会社は、最低ラインとして具体的に「1年以上」に設定しているところが多いようです。
転職して日の浅い方ですと、勤続年数の項目で引っかかってしまう可能性もあります。
勤続年数1年以上が関係ない場合として考えられるのは以前から学生カードを所有していてそのまま社会人になったですとか、カードがそもそも新社会人向けのカードだったりする場合です。

一般的に評価が高い順に職業・勤務先を並べてみました。

@医者・弁護士などの独占事業者
A公務員
B会社員
C自営業者
D自由業(芸能人・芸術家などが当てはまります。著名な方ならより高い評価を得られる)
E派遣社員
Fパート・アルバイト
G主婦
H学生

収入のない主婦や学生の場合、審査の対象になるのは配偶者や親権者です。
このときは、年齢に関係なく連帯保証人が必要なケースもあるようです。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー