クレジットカード,審査基準
★クレジットカードの審査基準A
クレジットカードの入会審査についてご説明しましょう。

■居住年数
ほとんどの会社の最低ラインは1年のようです。
自分名義で家を購入している方は、1年未満でも審査に影響することはありません。
居住年数を確認する方法は、「申し込み時に提出した身分証明書」「ゼンリンの住宅地図」「住民票」などがあります。
重要視されるのは、居住年数よりも居住形態です。
居住形態を高い順に並べると下記のようになります。

@自分名義の持家
A家族名義の持家
B公務員官舎
C社宅
D寮
E賃貸のマンションやアパート
F公営住宅
G下宿

これらの順番は音信不通になったり、夜逃げをする確率と高い関連性があるのだそうです。
実際に、クレジットカードは借金と同じことですから夜逃げをする人もいます。
夜逃げするにしても自分の不動産を置き去りにして逃げる方は、そうそういないですよね。
夜逃げをする人の統計は、家族構成との関連も高いのだそうです。
家族構成を高い評価で並べると下記のようになります。

@独身で親と同居している
A既婚で親と同居している
B既婚で親と別居している
C独身で親と別居している
評価が高いのは、子供がいる場合です。

■身分証明書
クレジット審査を申し込んだ場合、必ず提出を求められるものがあります。
それは、「身分を証明できる書類」です。
提出はコピーでOKです。
一般的に運転免許証・住民票の写し・健康保険証・パスポート・外国人登録証明書などです。
それらの書類に記載されている住所が現住所と同一なのか、確認して下さい。
運転免許証や健康保険証は、裏に住所の記入してあるものがあります。
その場合、表裏のコピーをすることを忘れないようにしましょう。

クレジットカードは信用がないと審査をパスすることはできません。
入会審査の書類は、不備のないように記入する事が大切です。
間違っても嘘の記入はしないで下さい。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー