トラブル,クレジットカード
★トラブルにならないために@
怖いというイメージをクレジットカードに対して抱く人は多いことでしょう。
確かに現金での支払いと比較すると、少なからず恐怖感を感じるものだと思います。
実際にクレジットカードの利用でカード破産をしたりと、自分の身を滅ぼす事になった方も多いのです。
特に、バブル景気が終息を向かえた1990年代以降は耳にする事が多かったように思います。
カード破産という言葉自体は、2000年代以降あまり聞きませんが、カード破産の件数は減少していません。
クレジットカードを利用する際には、現金で支払う際よりも慎重になるべきだと言えるでしょう。

では、クレジットカードを使用する際に注意すべき点とは何でしょう?
まずは、クレジットカードを他人に貸与する事は絶対に避けて下さい。
これは最も避けるべき行為だと言えるでしょう。
普通に考えて、クレジットカードを他人に貸すなんてあり得ないと思う方も多いでしょうが、特に年配の方の中には、カードを貸してしまう事例が多々あるのです。
カードを他人に貸す行為は、自殺行為だと思って下さい。
名義人の名前とカード番号さえあれば、大抵の場所で商品の購入ができます。
そのカードで好きなように買い物ができてしまうので、非常に恐ろしい事なのです。

本来はクレジットカードというものは、名義人である本人しか使用できないようになっているので、たとえ家族であっても使用不可です。
契約内容にもしっかりと記載されていることですから、これに違反した際には、カードの利用停止にもなりかねません。
当然、責任はカードを貸与した本人にあります。
カードを他人に貸与する事は、多大な危険を孕んでいると共に、契約違反になるという事も頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

ページTOP

[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー