クレジットカード,盗難
★クレジットカードが盗難にあったら
クレジットカードの管理には十分な注意を払っている方がほとんどだと思います。
従って、紛失の危険性はそれ程高くはないでしょう。
中には所持しているだけでほとんど財布から出す機会もなくカードだけを紛失する可能性は0に近い、という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、カードのみを紛失することはなくても、財布ごと紛失するケースはかなり多いようです。
クレジットカードの紛失は、財布を落とした、どこかに置いてきてしまったなどといったように、財布と共に失くすパターンが大抵です。
財布やカードを紛失した場合にはかなりのリスクを負うことになるので、注意が必要です。

また紛失以外にも、財布ごと盗難に遭う場合もあります。
特に男性はズボンの後ろポケットに財布を入れることが多く、盗難に遭いやすいと言えます。

万が一、クレジットカードが紛失・盗難などに遭った場合には、早急にクレジットカード会社へ連絡して下さい。
カードには緊急時の連絡先が記載されているので、これを控えておく事も重要です。
連絡先が分からない場合には、インターネットなどを使って調べるとよいでしょう。
クレジットカード会社へ紛失・盗難の連絡を入れると、すぐにカードの利用を停止してくれます。
自分の口座にあるお金が引き出される事も防げます。

もしも、自分のカードを第三者が不正利用したとしても、カードに保険が付いていればその金額は補償されることになっています。
ただしカード会社だけでなく、警察にも届け出が必要になります。
カードの紛失・盗難の場合には、カード会社と警察の両方に届け出るようにしましょう。

ではカードの紛失ではなく、暗証番号などといった情報を他人に教えてしまった場合は一体どうなるのでしょうか?
残念ながら、この場合には保険の補償対象外になります。
何か被害を受けたとしても、それは自己責任となる訳です。
大切なカード情報は自分でしっかりと管理し、他人には漏らさないようにしましょう。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー