代表的,カード被害,クレジットカード
★代表的なカード被害
ほとんどの学生は、初めてクレジットカードを持つでしょうから、持ったことが嬉しくてついつい使いすぎてしまうこともあるでしょう。
そこで大事なことは、きちんとクレジットカードの使い方を把握しておくことです。
クレジットカードは不正利用などで被害に合うことも考えておかなくてはいけません。
取扱には十分な注意が必要なのです。
ここでは、主な不正利用の手口をご紹介しますのできちんと頭に入れておいて下さい。

【偽造】
クレジットカードから情報を抜きとって偽造カードを作成され、不正利用されています手口。
いわゆるスキミングという手口です。
怖いのは、スキミング被害の多くはお店側が共犯のことがある場合です。
お店の人にクレジットカードを預けるときに、店の奥にカードを持っていかれないように目の前で処理してもらうように注意をしてください。

【盗難】
スリや盗難にあったクレジットカードが、本人の振りをして使用されてしまうことがあります。
不正利用を避けるためには、クレジットカードの扱いに注意が必要です。

【詐欺】
高額商品が当たったのでカード番号を教えてほしい旨のメールが届きます。
商品が当たって何故、カード番号が必要なのかよくよく考えてみればおかしなことなのですが、ついつい教えてしまう方がいるのも事実。
カード番号を教えてしまうと、ネットで高額の買物をされたりなどの被害にあいます。
届いた請求額を見て驚くことがないように注意して下さい。

スポンサードリンク

ページTOP

[4]前のページへ
[2]学生のクレジットカードもくじへ
[0]最強のクレジットカードHOMEへ
2010(C)最強のクレジットカードの作り方(年会費無料・海外旅行保険付など)

プライバシーポリシー